夏越大祓式☆

   

夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)

春日大社で行われた

「夏越大祓式」に参加してきました。

大祓の雨

大祓(おおはらい)とは、6月と12月の末日(晦日)に

全国の神社で行われる神事です。

春日大社ホームページより↓

知らず知らずのうちに身についた罪や穢れを祓い去り、

無事に夏を乗り切れるようにとの願いをこめて行われる神事です。

式後、参道に設けられた茅の輪(ちのわ)をくぐります。

茅の輪

私も茅の輪をくぐって参りました!

茅の輪は、

心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願する

ものです。

他の神社等では、茅の輪はおよそ6月から7月にかけて

一定期間設置され、この日以降でも

くぐる事ができるという場合が多いようです。

6月初旬に訪れた丹生都比売神社では、

すでに設置されてありましたね!

鹿に狙われる・・・

しかし、春日大社では、鹿が群がって食べてしまうので、

すぐに撤去されます(^_^;)

くぐれる時間もすごく短いんです!!!

だから、貴重ですよね(^。^)

浄化の雨も降っていて、

これで、半年分の穢れはキレイになったでしょう(*^_^*)

年末にも行われるようなので、

気になった方は、お近くの神社へ!(^^)!

 - ブログ