第1回の宙旅は、楽しすぎた♪

   

第1回の宙旅は、楽しすぎた♪

はじめての『宙旅(そらたび)』終了しました!

最近は、色々思うところがあって・・・、

自分の近況をお伝えしてこなかったのですが(^_^;)

ある方からブログ更新してほしい、色々知りたいといっていただきまして、
(嬉しいお言葉ありがとうございます♪)

ちょくちょく更新することにしました~(^^)

ワクワク♪

やはり、自分がワクワクするものに間違いはないですね(*^_^*)

めちゃくちゃ楽しかったんですよ~♪

自分の車で行きたいところを回ったということもあって、

行き先もお会いしてから決めるという感じだったし♪

ご参加いただいた方にも好評で、早くも次回も参加表明をいただきましたヾ(o´∀`o)ノ

どっしりとしたエネルギー

令和元年ということもあり、まずは橿原神宮へ。

すごくどっしりとした男性的なエネルギー

で、メッセージも一つだけ!しかも漢字一文字。笑(ご想像ください(^^))

その日は、献茶祭が行われていました。

お家元の方が、マスクをしてお茶を点てられておられたのが印象的でした(^^)

それだけ神聖なものなんですよね。

行き先を早朝に!

当日の早朝5時頃に目が覚めて、「検索」っていうのが降りてきて、

ネット検索していると『天香山神社』が出てきました。(行く予定なかったのですが。)

皆さんも行きたいと言ってくださったので急遽行くことに~(^^)

万葉の森を通って

万葉集から選ばれた『令和』。

令和元年最初の宙旅は『万葉の森』を通って神社へと向かいました。

え~っと、犬の散歩の方だけで、結構自然に放置された木々が・・・(^_^;)笑

しかし、ここには、

万葉集に詠まれた万葉植物が73種植栽されているそうです。

石碑に和歌もがいくつか書かれてありました。

昆虫もたくさんいましたよ(^^)

私たちは、青い蝶々に誘導されましたね~(*^^)v

天香山神社

行ってみるとすごい神社でした!

この神社の上溝桜(うわみずざくら)は、

『古事記』の神話に出てくる「ハハカの木

とされます。

新天皇が1代で1度だけ臨む大がかりな神事、「大嘗祭」で供える新穀を作るための

東西の斎田を選定(斎田点定の儀)する

亀卜」で使われる「波波迦(ハハカ)

を宮内庁に献上するための採木式が、ここ天香山神社で行われたそうなのです。

つまり、

こちらのハハカの木を使って皇居で占いが行われ、

京都府と栃木県の斎田に決まったということですね!

地元の方のお聞きしましたので間違いないです~!

すんごい神社だったのですよ(*_*)

新月に月の誕生石へ

さらに、

令和の最初の新月の日に、『月の誕生石

の場所まで導かれました。

この月の誕生石の神話が面白かったです。(面白がってすみません(^_^;))

月の誕生石の『神話』

昔、ひとかかえ程の丸味あるとても綺麗な石でした。次第に大きく成り人肌の様な温もりを残し、夕焼空を染め上げたように輝いて居りました。又不思議お腹の辺りに白い帯の様なものが浮き出てきました。尚不思議お腹が突き出てとても苦しそうに見えました。「お母さんの腹帯そっくりだ」「石が赤ちゃんを生むんだ!」 子供達は赤ちゃん誕生を心待ちにして居りました。そんな或晩のこと、山の方で赤ちゃんの泣く声を聞いたような気がして、「あっ! 石の赤ちゃんが生まれたんだ!」 子供達は外へ飛び出しますと香具山の頂から真ん丸いお月様が顔を出しました。翌日山へ見に行くと石がしょんぼりと横たわり胸の辺りに赤ちゃんの足跡が影のように残って居りました。

ここから、月が産まれたんですって(^○^)

まだまだ

他にも訪れた場所はまだまだありましたが、これくらいにしておきます(^_^;)

やはり、その時に、そのタイミングで呼ばれたところへ行く!

行程が決まったツアーでは味わえない感覚(^-^)

やみつきになりそうです♪♪♪

参加者さんの今後の変容も楽しみです(*^_^*)

宙旅会員になりませんか?

宙旅会員になりませんか?

詳しくは、こちらから。

お待ちしております(^^)/

次回は、6月16日です!

 - ブログ, 宙旅, 旅行