『人は死なない』

   

『人は死なない』

元東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および

同医学部附属病院救急部・集中治療部部長の

矢作直樹先生が書かれた著書。

ちょっと前には、メディアに良く出られていましたよね?

魂は永遠…

救急医療等の現場で 年間3000人以上の患者さんの

死に立ち合ってこられた方です。

多くの死に向き合ったからこそ見えてきたものがあるようです。

それを、体験談とともに、肉体は滅んでも魂は永遠に存在すると言っておられ、

大いなる存在(サムシンググレート)を理解し、

穏やかに生きる方法を語っておられます。

イギリスの魔法学校でも同じようなことを学びました^^

大いなる存在とは?

矢作先生の著書では、

生死の境目は、誰にもわかならいという言葉の深意だと思います。
私は、いずれの宗教にも帰依していませんが、こうした現場をたくさん見てきた者として言わせていただくと、生と死の境目は神のみぞ知るボーダーラインだと感じます。それは私たちの目に見えない「大いなる存在」の領域で起きている現象であり、何か人智を超えた力によって私たち人間が生かされている、あるいは見守られている証拠であると感じざるを得ません。人間を常に見守る大いなる存在を、私は神=摂理と呼んでいますが、それは、創造主、普遍意識、真理、愛、大いなるもの、自然、大宇宙など様々な言葉で表現されてきました。

(矢作直樹,『おかげさまで生きる』2014,幻冬舎,p,12)

もっと詳しくは、本を読んでみてくださいね^^

スピリチュアルヒーリング

矢作先生の著書の中には、

スピリチュアルヒーリングも認めておられます。

スピリチュアルヒーリングは靈体に働くようで、

気功は肉体と宇宙での気の干渉現象を治しているようです。

(矢作直樹,村上和男(2013)『神(サムシング・グレート)と見えない世界』祥伝社,p.169)
と、語っておられます。

医師の方に言っていただくのは、ありがたいですね(^v^)

イギリスでは、レイキやアロマテラピーは、保険の利く医療の一つですから^^

自分の力ではない…

つまり、靈体を治療することも病気を治す一つだと。

スピリチュアルヒーリングは、ヒーラー自身の力ではありません。

ヒーラーは、高次元のエネルギーの通り道の役割です。

(矢作直樹,村上和男(2013)『神(サムシング・グレート)と見えない世界』祥伝社,p.169)

とも言っておられます。

その通りなんです!!!

委ねる

だから、私はパイプ役でしかなく、

私がすごいのではなく、

多くのスピリット(魂)

大いなる存在(サムシング・グレート)がすごいのです。

だからこそ、施術を受ける時は、

委ねることが大切

であり、ちょっとでも疑い否定的な意識で受けると、

稀にまったく効かないということがあります。。。

それは、その方が望んだ結果だということもできますが…(^_^;)

お任せ!

そういった意味でも、

ぜひ、施術を受けられる時には、

私というよりも、自然、宇宙、大いなる存在(サムシング・グレート)などに、

任せて、ゆだねる~!

という気持ちで臨んでいただければと思います!

一度、その大いなる存在にお任せしてみませんか?

すべてを、あなたにとっての最善にしてくれますよ~^^

お待ちしております(^^)/

 - ブログ