僕が一番欲しかったもの

      2017/12/06

僕が一番欲しかったもの

槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの」という歌をご存知ですか?

気付かされた

コロンビアの大学で、日本語教師をされている羽田野香里さんという方がおられます。

世界の村で発見!こんなところに日本人にも出演されました。

無償の活動

香里さんは、日本とコロンビアの架け橋になればと、

お休みに無償で様々な活動をされています。

私は、香里さんが企画された劇に2012年に参加しました。

香里さんが槇原敬之さんの歌もテーマとして、

ある小説を参考に台本を作り、演出もされました。

子どもたちへのプレゼント

この劇は、

児童養護施設の子どもたちへのクリスマスプレゼント

なんです。

毎年、サンタ・プロジェクトとして子どもたちに披露されます。

キャストは、日本語を勉強しているコロンビア人やコロンビアにいる日本人。

毎年、続けられています。

すばらしい活動です。

大好きな曲

槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの」を紹介します。

さっきとても素敵なものを
拾って僕は喜んでいた
ふと気が付いて横に目をやると
誰かがいるのに気付いた
その人はさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
僕はそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう
その人は何度もありがとうと
嬉しそうに僕に笑ってくれた

そのあとにもまた僕は
とても素敵なものを拾った
ふと気が付いて横に目をやると
また誰かがいるのに気付いた
その人もさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
またそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう
なによりも僕を見て嬉しそうに
笑う顔が見れて嬉しかった

結局僕はそんな事を何度も繰り返し
最後には何も見つけられないまま
ここまで来た道を振り返ってみたら

僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて
それを見た時の気持ちが僕の
探していたものだと分かった

今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾う事が出来た

その時の香里さんのブログ

コロンビアに居て、この歌詞に、この活動に、

色々考えされられ、気づかされました。

忘れられない経験

目の前の子どもたちの楽しそうな顔、

この劇で伝えたかったメッセージ、

香里さんのすばらしい活動。

私も参加できたこと、心から嬉しく思います。

一生、忘れられない経験です。

—————————————————-

探しものが見つからない時は、

ARCOIRISへ来てみませんか?

一緒に探しましょう~^^

スタディーツアー

コロンビアでスタディーツアーが行われます!

興味がある方は、いかがですか?

 - ブログ, 旅行