虹つながり…

      2017/08/08

虹つながり…

なぜ、ARCOIRISは、なぜ「虹」なのかをブログで掲載しました。

すると、

旅の話が面白いので、また載せてください。

との声をいただきました。

それで、早速ですが…(調子に乗っちゃって…笑)

虹つながりのお話を一つ。

ブラジルはポルトガル語だった!

コロンビアから、ブラジルへ一人旅をしました。

しかし、入国してから改めてブラジルはポルトガル語だったことに気づきました!

移動は、英語表記が必ずあるので、何とかイグアスの滝までは行けましたが…。

イグアスの滝

イグアスの滝は、南米大陸のアルゼンチン (80%)とブラジル(20%)の二国にまたがる、世界最大の滝です。

高さ約80mの台地からなだれ落ちる水の迫力はものすごく、

これを見た米国のルーズベルト大統領夫人が、ナイアガラの滝との違いに驚き、

「かわいそうな私のナイアガラ」

と言ったという逸話が有名になったほどです。

丸い虹

上からの虹

ここでは、「虹」が上から見られるんです!!

滝のスケールの大きさ、虹の近さにも驚きました。

宝石のサファイアのような輝き

また、次の日、パラグアイとの国境に近いボニートという町にある、

「青い湖の鍾乳洞」へ行きました。

ゲストハウスの人に行きたいことを告げると、

一人でバイクタクシーに乗って行く方法しかないと言われ…

バイクタクシーからの景色

途中の景色が最高にキレイでした。

乗せてくれたのは、この方!

乗る前は、目的に着くか信じて乗るしかない…とドキドキでしたが、

乗せてくれたのは、こんな優しそうな方!

安心して乗ることができました^^

いざ、青の湖へ

鍾乳洞へは、ヘルメットをかぶり下っていきます。

ガイドの説明がポルトガル語。。。

雰囲気で理解しました^^笑

青い湖の鍾乳洞の奥に、石灰石の白壁に囲まれた美しい地底湖があります。

透明な水面は、

宝石のサファイアのような輝き

を放っていました。

とっても神秘的でした。

12月~1月の朝日が差し込む午前8時~9時頃が最も美しく、

光りが差し込むにつれてどんどん濃い青に変化するそうです。

植物園にて

見たことのない昆虫、鳥、植物がいっぱい。

この度で改めて言葉の大切さを実感しました~。

虹との出会いもステキでした♪

 - ブログ, 旅行