オキシトシンって幸せホルモン!

      2017/06/13

オキシトシン

オキシトシンというホルモンをご存知ですか?

最近、話題なので、耳にしたことがある方も多いと思います。

たまたま見たテレビでも『痛み&認知症に効く!「癒やしホルモン」の驚きパワー』と紹介していました!

「幸せホルモン」

以前は、オキシトシン=子宮収縮と母乳放出を促すだけだと思われていました。
近年、その他の働きも分かってきたんです。

・絆をつくり、深める
・癒されたり幸せな気分になる
・あかちゃん対する愛情が深まる(母性脳の形成)
・社交的になる(自閉症の改善)
・親密な人間関係を結ぼうと思う
・信頼の気持ちが増える

だから、「幸せホルモン」と呼ばれています!

タッチケアが効果的

じゃあ、どうしたら分泌されるのかと言うと…

・スキンシップ
・ペットとの触れ合い、じゃれあい
・家族との団欒
・仲間との交流
・親切にする

さらに、目を合わせるだけでも出るらしいですよ。

つまり、アロマトリートメントでオキシトシンが出まくるんですよ~!
癒され、ストレス解消につながること間違いなしです!

オキシトシンが分泌されるとセロトニンが活性化され、『α2』脳波が出現して瞑想状態になり、とてもリラックスできるのです。
施術途中で寝られる方が多いのは、こういう理由なんですよね。

香りがプラス思考へと転換

香りは、直接大脳辺緑系に達します。
香りを嗅ぐと、大脳辺緑系の感情をつかさどる扁桃体と、記憶を貯蔵しそれを管理する海馬が中心となって、脳が活動します。

大好きな香りを嗅いだとき、扁桃核が「とても良い香り♪」と認識すると、幸せ感が脳全体に広がります。
すると脳がプラス思考へ転じてポジティブな回路を造り出します。

香りがオキシトシンを分泌!?

さらに、香りがオキシトシンを分泌するんです!

イランイラン、ローズやネロリは、オキシトシンを分泌させる働きがあり、ストレス緩和に有効です。

トリートメントと香りでダブル効果ですよね~♪

ぜひ、一度、お試しください!

 - アロマテラピー, ブログ, ヘッドマッサージ ,